三大SNSに台頭!?新たなプロモーショントレンド・スナップチャットの3つの魅力

三大SNSといえばFacebook,Twitter,LinkedInが通説でしたが、スナップチャットが現在アメリカなど欧米圏を中心に急成長し、今や新三大SNSの地位にまで上りつつあることをご存知でしょうか? 写真や動画を簡単に送りあえるアプリとして2011年にスタートしたスナップチャット。 1日のアクティブユーザーはなんと1億人以上、アメリカの若年層にはもはやTwitterを凌駕するコミュニケーションツールとなっています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-14-47-21

引用:Business Insider ブログ記事より

日本でも徐々に普及し、「スナチャ」と呼ばれ若者を中心に人気を集めています。 Facebook,Twitter,Instagram,LINE…と様々なSNSが混在する現在ではユーザーの目的や好みによって、このような様々なチャネルは使い分けられるようになりました。 つまりそれぞれのチャネルを分析していかなければ、SNSユーザー全体の動向は把握することができません。 SNSを利用したインフルエンサーマーケティングなどが流行している今となっては、インバウンド企業にとってもそれぞれのSNSチャネルの分析は必須です。 そこで今注目を集めるスナップチャットの特徴を分析し、それを生かした新たなプロモーション法ををご紹介していきたいと思います。

SNS革命!?スナップチャット独自の“消える”機能が生み出す若者の支持

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-17-23-26スナップチャット最大の特徴は投稿した写真・動画がすぐに消えてしまうことにあります。 知人や友人に送った写真や動画は開いた後、最長で10秒間経過するとそのデータは消えてしまいます。 スクリーンショットなどで保存することは可能ですが、その場合送信者に通知が来ます。 尚タイムラインのような機能をもつ「ストーリー」に追加すれば、24時間閲覧が可能になります。 「すぐ消えてしまうから気軽に投稿できる」という理由から、ユーザーに人気を集めています。 おしゃれに加工した写真を投稿するユーザーの多いインスタグラムや、かしこまった文章を書くことが多いfacebookなどのシェアが高い現在において若者の“SNS疲れ”を解消する新たなコミュニケーションツールとして地位を確定したのかもしれません。

スナップチャットは新たなるプロモーショントレンドへ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-10-37-20先ほど述べた通り、スナップチャットにおいて投稿の閲覧期間は最長でも24時間に限られているため投稿と実生活との同期性が非常に高いです。ゆえにユーザーと身近につながることができます。 この特徴は芸能人による投稿において効果的です。ファンは24時間以内の芸能人の状況が把握できるのでより一層その投稿が身近に感じられます。 情報に身近さが感じられれば、ファンからの信頼度も高まりますね。実際芸能人によるスナップチャットの活用はどんどん増えています。 もちろんこの点はインフルエンサープロモーションにも応用可能です。 インフルエンサーは写真のみならず動画を通してファンに情報を発信し、ファンはインフルエンサーの情報をほぼリアルタイムに近い状態で受け取ることができます。 即時性ゆえにユーザーの感度も高まるので直接的な商業効果が期待できます。

スナップチャットを活用したユニークなマーケティングへ

2016年現在3億円ほどの売り上げを見込んでいるスナップチャットの主要な収入源は広告です。 今や多くの大手ブランドやBtoB企業がスナップチャットをマーケティングに取り入れています。 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-16-42-50

スナップチャットをユニークなマーケティング商法に取り入れた成功例として有名なのがフローズンヨーグルトチェーン「16 Handles」 自社のヨーグルトを食べているスナップを企業アカウントに送れば限定でモバイルクーポンが配布されるというキャンペーンです。 家でクーポンを開くとすぐ消えてしまうので、クーポンが配布されてから再び来店するまでこのクーポンの割引率は分からず、その期待感をユーザーがSNSで共有したことによってその知名度が高まりました。 スナップチャットの特徴を存分に活かし、店への誘致を促すことに成功した一例です。

Mashable Asia記事より

様々なSNSチャネルで溢れかえる現在、スナップチャットは時間的な制約という当時唯一無二の特徴を設けることによってユーザーの注意をひきつけているのです。 この特徴を生かしたユニークなマーケティングを展開している企業は他にもたくさんあるので参考にしてみると良いかもしれません。

まとめ

スナップチャットの特徴をまとめると 1.“消える”機能による投稿の気軽さ 2.高い同期性による信頼感と親近感 3.投稿時間の時間制約によるユーザーの高感度 の3つが挙げられます。 今までのSNSにはなかったこれらの特徴により、新たなかたちでユーザー同士のコミュニケーションのみならず企業によるプロモーションを可能にしています。 我々インバウンド企業もインフルエンサープロモーションなど様々なかたちで応用することができます。 尚、弊社ではSNSやブログを活用したインフルエンサープロモーションを展開しております。 詳しくはこちら ぜひこれを機にスナップチャットを新たなプロモーションに活用してみてはいかがでしょうか?